【株で失敗する人・成功する人】では、株で失敗しないために、是非とも抑えておきたい心構えや具体的な対処法を紹介しています。

色んなサイトを見て回らなくても済むように、株の失敗と成功について思うことを、誠心誠意まとめました。

トップページ(このページ)では各ページの要約を、各ページでは一歩踏み込んだ内容を書いています。トップページの要約を見て気になった内容があったら、ぜひ、その詳細ページも一緒に読んでみてください。

私は、株で失敗しました。失敗どころか大失敗、大損です。

私は、こんなサイトを立ち上げたくらいですから、株で失敗した経験があります。失敗どころか、大失敗、大損です。株歴は10年以上経ちますが、何度も何度も、小さな失敗をしては乗り越えてを繰り返して今に至ります。

そんな多くの失敗を乗り越えてきた私が、失敗を成功に変えるために何がポイントだと感じたかを綴ったのが、このサイトです。

MEMO
  • 株初心者でも、勝てる方法が知りたい。
  • 何年経っても、ちっとも資金が増えない。
  • 株で失敗してしまいそう。もう大損している。
  • デイトレードやスイングトレードで稼ぎたい。
  • なにか株で稼ぐためのヒントが欲しい。
このような疑問や悩みがある方には、参考になることがあると思います。

とくに株初心者の方は、株で失敗しやすいポイントを把握して、自分のトレードスタイルの確立を目指してください。

また、私は、相場のプロフェッショナルの方々が推奨する銘柄をみてトレードしていますが、もし、あなたが株で失敗続きなら、一度、株の専門家の方々に頼ってみたらどうでしょうか?

これから上がりそうな株を厳選して教えてくれたり、気軽にメールで銘柄相談もできます。(無料サービスです)教えてくれる銘柄が全て上がるわけではないですが、銘柄選びのコンセプトが【今後、1~2週間前後で騰がる】と目される銘柄なので、比較的短期間で結果を出したい方にお勧めです。

相場のプロが推奨する銘柄でラクラク投資!
↓↓失敗続きの方にお薦め↓↓

私がオススメするのは、SBI証券のシニアマーケットアナリストとして活動された、投資書籍を多数出されている藤本 誠之さんが情報提供している株サイトです。基本サービスは無料ですので、ぜひ、気軽に試してみてくださいね。

↑これまでに配信された銘柄や、どんな内容のメールが届くか確認できます。

⇒2018年1月追記:こちらの株サイトもイチオシです!

株で失敗する人・成功する人│はじめに

これから株式投資をやってみよう!と思い、株の始め方を調べて当サイトに訪れた方には、少々、夢の無い話になってしまいますが、株式投資を始めた方の9割は、株式投資をしたことによって、資産を減らしているという現実があるようです。

現在(2015年)の相場は、国策を伴った強い上昇トレンドにありますので、株価が安い時に仕込んでロングホールドされている方や、ここ1~2年に株を始めた方は、資産を増やしているかもしれません。「9割が負ける」なんて信じられないと思う方もいるかもしれませんが、この割合は、私は間違っていないと思っています。

特に、株式投資を「長期的な投資」としてではなく、儲かりそうだからと軽い気持ちで株を始めた若い方は、痛い目を見ている方は多いのではないでしょうか。

これだけ、恵まれた相場が訪れているのに、勝てていないという方は、やり方に問題があるかもしれませんので、是非、当サイトの情報を参考にしてみてください。

20対80の法則(パレートの法則)をご存じでしょうか。

20対80の法則(パレートの法則)

  • 「2割の顧客が売上の8割を支えている。」
  • 「2割の優秀な社員の売上げが全売上げの8割を占める。」
  • 「コンビニの売上の8割は、2割の側面販売コーナーの商品である。」
  • 「国家の富の80%は20%の富裕層が独占している。」
などなど、マーケティング・統計分野などで応用されている法則です。

株で損する人と成功する人の割合も、この割合に当てはまると言われています。 実際は、5年、10年と相場で勝ち続けている人は、もっともっと、少ないと思います。

なぜ、これだけ大勢の方が、株式投資で失敗してしまうのか?

私は、大損した時にはじめて、この疑問の答えを真剣に考えました。そして、試行錯誤しながらトレードを一からやり直し今に至ります。

もし、あなたが、いま株式投資で負けてしまっているのなら、「なぜ、失敗してしまうのか?」「なぜ、負けてしまうのか?」ということにフォーカスしてみてください。「負けない投資法」として、私が出した答えを、これからご紹介していきますので、もし、良ければお付き合いください。

>>株で失敗する人・成功する人│はじめに 続きを見る

株は始め方が肝心!!株式投資の失敗者は皆ギャンブラー

私は2005年に株式投資を始めたので株歴は10年以上になります。ライブドアショック、サブプライム・リーマンショックといった暴落相場を経験してきましたので、相場の恐ろしさは、ある程度知っている方だと思います。

様々な相場局面を体験してきた中で、トレーダーとして生き残るために大事なポイントがあることを痛感しています。

それは、マインド」「資金管理」「ロスカット」の3つです。

ある程度トレードの勉強をされた方なら、失敗してしまう理由の一つ目が「マインド」、二つ目が「資金管理」ときたら、最後は「売買ルール」だろ、と思うか もしれません。しかし私は、株式投資を始めたばかりの基礎段階では、「ロスカット」(損切り)を徹底的に叩き込むことのが重要だと考えています。

株式投資成功者の運用方法や売買ルールは十人十色ですが、ロスカットをしないトレード成功者は聞いたことがありません。こういう理由から3番目にロスカットを持ってきました。

「なぜ、初心者投資家はコツコツドカンをやってしまうのか?」
「なぜ、塩漬けしてしまうのか?」

大きく失敗してしまう原因は、売買ルールではなく、この3つのポイントで殆どの場合説明がついてしまいます。

どれも基本中の基本ですが、とても重要なことです。もし、あなたがこの3つの中で守れていないことが1つでもあるなら、遅かれ早かれ株で失敗してしまうでしょう。

この株で失敗しないための大事な3つのポイントは、ファンダメンタルズ分析や、テクニカル分析を学ぶ前にクリアするべき問題だと私は考えます。株式投資で失敗する人のほとんどが、こういった大事なルールを守らずに自滅していっているだけなのです。そう、株で失敗してしまう原因は、株の始め方に問題があると私は思います。

私も初心者の頃はそうでしたが、こういう運用の術を知らずに相場に資金を投じる行為は、投資でも、投機でもなく、ギャンブルをしているのと同じことです。

逆にいえば、この3つを徹底できれば、初心者から一歩抜け出し、勝ち組トレーダーに近づけるはずです。簡単なことではありませんが、もし、株で失敗したくない!成功したいと思ったら、このポイントは最低限抑えておくべきです。

>>株で失敗した初心者は皆ギャンブラー 続きを見る

株で失敗してしまう理由「その1:マインド」

ギャンブラーから、投資家、投機家になるには、マインドを鍛えなくてはいけません。メンタル強化と言えば分かりやすいでしょうか。

株初心者の頃は、本人は気付いているかどうかはともかく、「早く稼ぎたい!」「資金をもっと増やしたい!」「負けは直ぐに取り戻したい!」という欲が非常に強くなりがちです。こうした欲や焦りから、冷静な判断をすることが出来ず、多くの方が、株で失敗してしまいます。

もし、あなたが熱くなりやすい性格なら、思い当たるトレードがいくつもあるはずです。

つい熱くなってしまうという人は、「冷静になれるまで相場を休む」、「精神的に楽な金額にまで投資資金を減らす」ことをおすすめします。今後、株式投資を長く続けたいのなら、”相場との距離感”はとても重要です。付き合い方を間違えると、思わぬ大損をしてしまうこともありますので、一度相場から距離を取ったり、ストレスを感じない金額まで投資額を減らしたりして、対処するのが効果的だと思います。

>>株で失敗してしまう理由「その1:マインド」 続きを見る

株で失敗してしまう理由「その2:資金管理」

メンタル面についての心構えができたら、次は資金管理です。

>私は株を始めようと思った時に、初期投資金額はいくらがいいのか?どういう基準で銘柄を選べばいいのか?など初歩的なことが全く分かりませんでした。いつまで経っても株で勝てない人は、この資金管理に無頓着な方が多いように感じます。

偉そうに「株で失敗する人・成功する人」なんてサイト名を付けていますが、私も株をはじめたばかりの頃は、本当にメチャクチャな運用をしていた一人です(苦笑)今思えば、資金管理など全く気にせずに、負けて当然の運用をしていました。株の始め方って、ほんとうに重要ですね。

【資金管理】について、あなたはどの程度、知識をお持ちですか?

資金管理については色んなアプローチ方法がありますし、やり方も1つではありません。

資金管理を語ろうと思えば、本が1冊かけてしまうくらいの内容だと思いますが、簡単に言えば、資金管理とは、1回のトレードで失う資金を小さくコントロールする「損失コントロール術」のことを言います。です。

一度に失っても良い資金を知る(許容リスク)

一般的に、1回のトレードで失っても良い損失は、運用資金の2%以下にするべきと紹介されています。資金管理について書かれている本を何冊も読みましたが、「2%」と書かれた書籍がほとんどでした。

最も重要なことは資金を守ること。我々は、実際、いかなる取引においても3%以上の損失を被ることはない。

デイトレードの著者 オリバーべレス

1トレード当り、運用資金の2%を超えるリスクをとってはならない。

投資苑の著者 アレキサンダー・エルダー博士

なぜ、この割合が良いとされているかは、破産しにくい確率を求めると2%という数値が出てくるようです。破産確率というと、「バルサラの破産確率」が有名ですが、破産確率という言葉だけが一人歩きして、間違った情報を伝えているサイトやブログもあるので、きちんと理解したい方は、関連書籍を読むことをお薦めします。個人的には、オリバーべレスのデイトレードがお薦めです。

株式投資で失敗しないためには「攻めよりも守りが重要」

海外の著名なプロトレーダーの言葉からも、資金管理を徹底して損失をコントロールすることが、いかに重要なことであるかが分かります。良書と言われるトレード本では、必ずと言っていいほど、トレードテクニックを説明する前に、資金管理の重要さを説いています。

つまり、株で稼ぐためには、株で成功するためには、「攻めよりも守りが重要」なんだと、成功したトレーダー達は訴えかけている訳ですね。

私は、この資金管理を徹底するようになってから、「あれ今月気付いたらプラスだったな!」「負け回数は多いのに意外と資金は減ってない!」「あれ、この一年、コツコツドカンが一度もない!」と、確かな手応えを感じたのを覚えています。

損失を管理するのは簡単なことではない

株式投資で稼ぐ為に、資金を守る術を学ぶことが大切なのは間違いありません。しかし、実践するのは容易ではありません。

損失のコントロールとは、具体的には、売りたくないのに損切りするトレードを繰り返していくということです。それも何度も何度も。また、その、損切りという行為自体が、本当に大切なことなのか半信半疑の状態のまま、繰り返していく訳です。言うまでもなく、かなりのストレスです。

自分の意思に反して、素直に負けを認める行為は、言うは易し行うは難しそのものです。やってみると分かりますが、自分で決めた損切りルールを、3回目くらいで平気で破ったりしますから、人の脳って、けっこうバカだなって思います。はい、私のことです。私も何度も何度も失敗しています。(苦笑)

そんな意思の弱い方にオススメするのが、次のロスカット(損切り)で説明する「強制ロスカット」です。

>>株で失敗してしまう理由「その2:資金管理」 続きを見る

株で失敗してしまう理由「その3:ロスカット」

株価が一定水準以上に損失してしまった場合に、損失の拡大を防ぐために、保有しているポジションを決済することを「ロスカット(損切り)」と言います。

例えば「2%ルール」の場合、資金100万円でスタートしたら、一度のトレードで出してもよい損失は2万円ですから、2万円の損失が確定した時点で強制的にロス カットすることになります。

自分のロスカットルールをついつい破ってしまうという方は、強制的にロスカットされるように、「ポジション注文と同時にロスカット注文をしておくこと」をオススメします。巨人の星に出てくる星ひゅうまの強制ギブスみたいなものです。(若い方はちょっと分からない例えだったかな…^^;)

どうしても損切りが難しい、出来ないという方は、損切りしなくてもいい銘柄を探すしかありません。私が実践する方法を教えます。

>>株で失敗してしまう理由「その3:ロスカット」 続きを見る

株で失敗しないためにどんな銘柄を選ぶべきか?

これまで散々自分で選んだり、ネットで調べた銘柄で失敗してきたので、いっそのこと、銘柄探しのプロが推奨する銘柄に便乗しちゃえ!と試してみたところ、教えてもらった銘柄がすこぶる調子良く上がっていました。

あの体験をした時に、株式投資は自己流でやるんじゃなくて、もっと早く、人に頼れば良かったと思いました。以前は血眼になって銘柄探しに没頭していましたが、今は、銘柄選びは株サイトに頼っています。

プロが選ぶ情報は、当然、ファンダメンタルズ・テクニカル・エントリータイミングなどが加味された銘柄なので、自分で予想するよりもはるかに良い銘柄を知ることが出来ると思いますよ!買い時から、損切りタイミングまでも教えてくれるので安心してトレードできます。(←これ効果絶大です。)

便乗するだけ。損切り要らず!?の
↓↓プロの情報はココで入手できます↓↓

↑これまでに配信された銘柄や、どんな内容のメールが届くか確認できます。

株失敗で借金8,000万円抱えた知人の末路

私の知り合いに、株で8,000万円という爆大な借金を抱えてしまった人(以下Aさん)がいますが、「株で1,000万円儲かった!」「3億円儲かった!」という輝かしい成功ストーリーが存在する裏では、その何倍もの人達の負けストーリーが存在している事を忘れてはいけません。

爆大な借金を背負ったAさんは、仕手株で味をしめて、信用全力買いで大博打に打って出たところ、仕手筋詐欺にあって一瞬で億単位の金額を失って借金8,000万円を抱えてしまいました。おそらく初期投資は1,000万円ほどだったと思います。そこから1年足らずで10倍以上に増やし、調子に乗りまくってたところ、普通では信用しないような詐欺話を信用して、大損も大損、巨額の借金を作ってしまったというわけです。

>>株失敗で借金8,000万円抱えた知人の末路 続きを見る

仕手株という相場の甘い蜜

株式投資をされている方なら、不可解な値動きをする銘柄があることは誰もが知っていることでしょう。ボロ株・低位株を探せばいくらでも見つかります。

例えば4406 新日本理化は、仕手筋介入疑惑があった銘柄として有名です。
4406 新日本理化

2011年3月31日66円を皮切りに、材料が何も出ていないにも関わらず、株価は「約20倍」に跳ね上がっています。

一説には、仕手筋が100円以下で大量に仕込んだ後、繋がりのある権力者やメディア関係者に炊き付け、一般投資家が群がり急騰が止まらなくなったところで、仕手筋は売り抜け爆大な利益を上げたと言われています。(あくまでも噂ですから真相は不明ですが、仕手筋で有名だった加藤暠(あきら)さんが株価操縦で逮捕されたりしていますから、この手の話はいくらでも在る話なんだと思います。)

もし、こんな美味しい思いを2度、3度したら、先ほど紹介した8,000万円の借金を背負ったAさんのように、信用全力買いをしてしまう気持ちも分かります。正直なところ、マジで羨ましいです(笑)

どうしても、仕手株やボラの高い銘柄に手を出したくなってしまったら…!

仕手株の危ないところは、初動ではなく、一番上がりきったところでキャッチをしてしまうからで、底で仕込めたら損はないわけです。上で紹介した新日本理化は極端な例ですが、「そこそこの急騰株で、そこそこ稼ぎにいく」のは、投機家にとって憧れじゃないでしょうか。

ここ数年、新興銘柄がオモチャのように遊ばれていて、バイオ関連やフィンテック関連など、実体のない期待感だけで、2倍、3倍に急騰しては急落を繰り返しています。いわゆる「テーマ株」と言われる、これらの話題株は、急騰する直前の初動で拾えれば、そうとうな妙味があります。

リスクを十分に理解しないで、話題株にチャレンジするのは愚か者ですが、リスクを十分に理解した上で、うまく利用するなら私はアリだと思っています。

私が最近注目している、投資助言を行う会社を3つ紹介します。

ここで紹介する投資顧問さんは、WEBサービスを行う投資顧問会社としては老舗で、日本投資顧問業協会が一般公開している「投資助言・代理会員台帳」の投資助言料や契約件数を見ても人気の高さが伺えます。登録している日本全国の資産家達が、紹介された銘柄を買い上げると株価はどうなるか…。

投資顧問さんにそこまでの影響力があるとは思いませんが、相場は、買いが買いを呼ぶという性質がある以上、会員が多い株サイトの情報は、見ておいて損はないと私は思っています。何よりも、私自身、推奨された銘柄がストップ高になるのを何度も見ているので、まったくの検討ハズレではないのでは?と感じています。

※誤解ないように付け加えておきますが、投資顧問は株価操縦を行っているわけではありません。ただ、私は、相場は、買いが買いを呼ぶ性質がある以上、どこかで紹介された銘柄が、連鎖的にメディアで紹介されるなどして、結果として株価が騰がってしまうということは少なからずあるのでは?と勝手に思っているだけですので、誤解なさらずに。

株は当たり屋に付け!という投資格言がありますが、継続的に利用者が多いと言うことは、推奨銘柄のパフォーマンスが良い証拠でしょう。私も実際に、そう感じていますので、自分で銘柄を探すのが苦手な方は利用してみては如何でしょうか。無料会員でも十分な恩恵を受けられますのでオススメです。

急騰株をウリにするオススメの投資顧問会社

私は、株の専門家の方々が推奨する銘柄を見てトレードしていますが、もし、あなたが株で失敗してしまっているとしたら、株サイトの情報に頼ってみたらどうでしょうか?

これから上がりそうな株を厳選して教えてくれたり、気軽にメールで銘柄相談もできます。(無料サービスです)教えて頂ける銘柄が全て上がるわけではありませんが、提供直後に急騰するケースも多いのでお勧めです。トレーダーっぽく言えば、期待値が高い銘柄を仕入れることが出来ます。

投資顧問名:株プロフェット(登録無料)
いま、私がお世話になっている投資顧問会社さん。というのも、昔から藤本 誠之さんのファンという事もあります。元マネパ、現在SBI証券のシニアアナリストとして多方面で活躍する方で、昨年にフィンテック関連のセレスなどを推奨していたのが印象的でした。セレスなどのお宝株を誰も注目していない頃にズバッと推奨してくるあたりはプロの中のプロだなと思いました。先を見越した銘柄推奨や、相場を半歩先読みすることに定評のある藤本 誠之さんのコラムは必見の価値ありですよ。
投資顧問名:MT(登録無料)
株式投資ビギナーにもオススメできるのがマスターズトレードです。その理由は「買い時」から「売り時」まで徹底的にサポートしてくれるからです。こういう株サイトにひとつでも登録しておけば、ビギナーが陥りやすい「持越しによる失敗」も怖くなくなりますね。実際にソレイジア・ファーマの2.7倍や、野村マイクロ・サイエンスの3倍などの上昇推移をズバズバ言い当てていますし、ビギナーはもちろん、銘柄選びに悩んでしまったときも頼りになるでしょう。
投資顧問名:ファーストリッチ投資顧問(登録無料)
代表者は金融業界キャリア30年以上、”相場の鉄人”と称される証券会社OB「鳥丸好一」さんです。機関投資家や国内外ファンドなどに精通した人脈の広さを活かした銘柄推奨が特徴というだけあって、情報の精度は高いと感じます。推奨銘柄の経過を追ってますが、良いパフォーマンスを見せています。
 

これらの株サイトの特徴は、無料で、その時々の注目株や、相場レポートを配信してくれることと、なんといっても「銘柄相談」に定評があることです。もし、含み損が大きな銘柄を抱えてしまっているなら、包み隠さず相談してみては如何でしょうか。(銘柄相談は、電話でもメールでも大丈夫です。)

どの担当者も、誠実・丁寧にアドバイスして頂けるはずです。対応も早く、当日か翌営業日にはお返事を頂けるはずです。対応が早いと安心して利用できますね。ただし、質問の内容が複雑すぎたり、一度に相談する銘柄数が多い場合には、回答まで数日かかるかもしれません。個人的なオススメとしては、一度にたくさんの相談をするのではなく、必要最低限の質問を複数回に分けてする方がレスポンスは良いと感じます。銘柄相談する場合には工夫してみてください。

いろんなサイトを試しましたが、やはり、サポート対応がしっかりしているところは、総合的にサービスのレベルは高いと感じています。このサイトで取り上げた投資顧問サイトは、もちろん、サポート面もしっかりしていますし情報やサービス水準は高いと思います。どちらのサイトもおススメです。

 

主婦が陥りやすい株式投資の失敗

当サイトに訪れる方のキーワードを調べてみると「株 失敗 主婦」というワードで検索してくる方も多いです。主婦の方達が、株式投資での失敗を気にされているのが分かります。

私が株を始めた2005年頃は株ブームが巻き起こり、デイトレという言葉が世の中に広がった時期でした。

当時は、主婦デイトレーダーを取り上げるニュース番組なども多かったです。今は昔ほど話題になりませんが、私達が知らないだけで、必死に株をしている主婦の方って多いのかもしれません。

一日のうちに何度も売買を繰り返すデイトレは、めまぐるしく変化する相場に臨機応変に対応する判断力・売買テクニックが求められます。中長期投資に 比べてグッと難易度が高くなりますから初心者向きではありません。

トレード回数が増えるということは、それだけ、リスク回数も増えるということです。みるみる資金が溶けてしまう場合もありますから、初心者の方は出来るだけ、中長期のトレードをするように心がけましょう。

>>主婦が陥りやすい株の失敗 続きを見る

株で成功するための覚え書き

この10年間、株やFX、先物などの相場を経験してきた経験から、株で成功するためのポイントをまとめました。このページには、要点だけを書いています、株で成功するための覚え書きのページで詳しく書いていますので、良かったらご覧ください。

株の成功は、儲けようと思わないこと

株で成功する秘訣は、極端すぎるかもしれませんが、株で儲けようと思わないことです(苦笑)儲けようと思わなければ焦りがなくなりますから健全なトレードができるようになります。

株の成功は、俯瞰的に相場を見ること

株式投資の成功者は、このお金の流れを感じる嗅覚がズバ抜けていると感じます。投機を目的としている場合は、ある程度流動性があり、出来高のある銘柄を選 んだ方が上手くいくことが多いことを私は学びました。

株で成功するために下落相場に備えよう

上昇トレンドしか経験のない方はピンとこないかもしれませんが、いずれトレンドが転換して下落相場がきます。下落相場でも勝てるように、「空売り(信用取引)」ができるように準備をしておきましょう。

株で成功する為に相手が居る事を知ろう

あなたが株を買えるのは、株を売った人が居るからです。損切りなのか、利益確定なのか、売り方の買い戻しか、また違う理由なのかは分かりませんが、あなた上がると思って買った株価で、もう要らないと売った人がいることを忘れてはいけません。

株で成功するために師匠を見つけよう

なんでもそうですが、師匠や先生を見つけてしまった方が上達スピードは圧倒的に早くなります。スポーツや楽器演奏も同じですね。失敗や成功のポイントを熟知している先生に指導されることで、効率よく学んでいけるからです。株式投資もしかり、お手本を見つけてしまった方が早く投資スキルが身に付きます。

あの金融元祖のユダヤ人で、天才科学者のアインシュタインは『数学における最も偉大な発見は複利である。』 という名言を残しています。

株式投資の成功は、アインシュタインのいう「複利運用」を極めることを意味しますから、株をはじめて数カ月、数年足らずのヒヨッコが、なんの武器も持たずに挑戦して成功するほど甘い世界なはずがないのです。

つまり、株式投資こそ、優秀な師匠・先生を見つけるべきなのです。

株式投資における優秀な先生は証券会社出身の現役投資家だと思っています。金融業界の仕組みを知り、現役時代に億単位の運用実績があり、業界に豊富な人脈が居る。そして、個人投資家としての経験もある。こうした方々の投資助言を参考にしています。

私は、こういった先生達から情報を仕入れてトレードに役立てています。わずか数日で株価が2倍になった銘柄をいくつも教えてもらったこともありますので、失敗ばかりの方は、是非一度試してみてください。

投資に対しての考えが劇的に変わったのは、こういうプロの投資助言サービスを利用してからです。

当サイトで紹介した投資助言サイトまとめ

私は、株の専門家の方々が推奨する銘柄を見てトレードしていますが、もし、あなたが株で失敗してしまっているとしたら、株サイトの情報に頼ってみたらどうでしょうか?

これから上がりそうな株を厳選して教えてくれたり、気軽にメールで銘柄相談もできます。(無料サービスです)教えて頂ける銘柄が全て上がるわけではありませんが、提供直後に急騰するケースも多いのでお勧めです。トレーダーっぽく言えば、期待値が高い銘柄を仕入れることが出来ます。

投資顧問名:株プロフェット(登録無料)
いま、私がお世話になっている投資顧問会社さん。というのも、昔から藤本 誠之さんのファンという事もあります。元マネパ、現在SBI証券のシニアアナリストとして多方面で活躍する方で、昨年にフィンテック関連のセレスなどを推奨していたのが印象的でした。セレスなどのお宝株を誰も注目していない頃にズバッと推奨してくるあたりはプロの中のプロだなと思いました。先を見越した銘柄推奨や、相場を半歩先読みすることに定評のある藤本 誠之さんのコラムは必見の価値ありですよ。
投資顧問名:MT(登録無料)
株式投資ビギナーにもオススメできるのがマスターズトレードです。その理由は「買い時」から「売り時」まで徹底的にサポートしてくれるからです。こういう株サイトにひとつでも登録しておけば、ビギナーが陥りやすい「持越しによる失敗」も怖くなくなりますね。実際にソレイジア・ファーマの2.7倍や、野村マイクロ・サイエンスの3倍などの上昇推移をズバズバ言い当てていますし、ビギナーはもちろん、銘柄選びに悩んでしまったときも頼りになるでしょう。
投資顧問名:ファーストリッチ投資顧問(登録無料)
代表者は金融業界キャリア30年以上、”相場の鉄人”と称される証券会社OB「鳥丸好一」さんです。機関投資家や国内外ファンドなどに精通した人脈の広さを活かした銘柄推奨が特徴というだけあって、情報の精度は高いと感じます。推奨銘柄の経過を追ってますが、良いパフォーマンスを見せています。
 

これらの株サイトの特徴は、無料で、その時々の注目株や、相場レポートを配信してくれることと、なんといっても「銘柄相談」に定評があることです。もし、含み損が大きな銘柄を抱えてしまっているなら、包み隠さず相談してみては如何でしょうか。(銘柄相談は、電話でもメールでも大丈夫です。)

どの担当者も、誠実・丁寧にアドバイスして頂けるはずです。対応も早く、当日か翌営業日にはお返事を頂けるはずです。対応が早いと安心して利用できますね。ただし、質問の内容が複雑すぎたり、一度に相談する銘柄数が多い場合には、回答まで数日かかるかもしれません。個人的なオススメとしては、一度にたくさんの相談をするのではなく、必要最低限の質問を複数回に分けてする方がレスポンスは良いと感じます。銘柄相談する場合には工夫してみてください。

いろんなサイトを試しましたが、やはり、サポート対応がしっかりしているところは、総合的にサービスのレベルは高いと感じています。このサイトで取り上げた投資顧問サイトは、もちろん、サポート面もしっかりしていますし情報やサービス水準は高いと思います。どちらのサイトもおススメです。

 

>>株で成功するための覚え書き 続きを見る