株で失敗する人・成功する人

【株式投資-失敗を成功に変える、たった3つのこと】株歴10年、失敗から学んだ株成功の秘訣ポイントを公開!

*

株で失敗してしまう理由「その2:資金管理」

メンタル面についての心構えができたら、次は「資金管理」です。

私は株を始めようと思った時に、初期投資金額はいくらがいいのか?どういう基準で銘柄を選べばいいのか?そういった基本的なことが全く分かりませんでした。

株でいつまで経っても勝てない人は、基本的なことで躓いている方が大勢います。とくに、「資金管理」が出来ていない方が非常に多いように思います。

偉そうに言ってますが、私も株をはじめたばかりの頃は本当にメチャクチャな運用をしていました(苦笑)

株で失敗しない為の資金管理

株式投資をやっている方に「資金管理何%でやってますか?」と質問しても、「資金管理ってなんだっけ?」と平気で言う方もいます。また、初期投資金額100万円ほどの方が、「クソー、今日株で10万(-10%)負けたー!」って嘆いてたりするブログなどを見ると、資金管理を全く意識してないんだなーと、怖いもの知らずの方達が大勢いることに驚かされます。

資金管理については、証券会社のホームページや、ブログや書籍で取り上げられていることからも、株式投資において重要性が高いことが窺えますが、とくに初心者は、銘柄を選ぶことや、手法の方に夢中になってしまい、この資金管理の重大さを軽視しがちです。

「負けない投資法」を身につける上で、この資金管理は、必ずあなたの見方になってくれますので、資金管理の徹底を意識してください。

一度に失って良い運用資産(許容リスク)を知る

一般的に、一回のトレードの損失を2%以下にするべきと紹介されている場合が多いです。

1トレード当り、運用資金の2%を超えるリスクをとってはならない。

投資苑の著者 アレキサンダー・エルダー博士

最も重要なことは資金を守ること。我々は、実際、いかなる取引においても3%以上の損失を被ることはない。

デイトレードの著者 オリバーべレス

 

私が株式投資本の中で、もっと早く読んでおけばよかったと思った本に、オリバーべレスの「デイトレード」という本があります。株で失敗続きの方は、是非読んでみてください。勝つ為のヒントがたくさん隠されている良書です。(本のタイトルはデイトレードとなっていますが、けしてデイトレーダー向けの本ではなく、資金管理の重要さ、負ける事が如何に罪なのかについて書かれています。)

こうした海外の著名なプロトレーダーの言葉からも、資金管理の徹底がいかに成功するために重要かが分かります

また、面白いことに、これらの説明は、どんなトレードテクニックの説明よりも前に書かれています。つまり、それだけ株で成功するためには重要ということだと思います。

Kindle版も出ていますし、iPhoneやアンドロイドスマートフォンがあれば今直ぐに読む事もできます。

<2016.8月追記>

Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」に申し込むと、高額な投資書籍を読むことができます。Kindle Unlimitedは、古い本しかないだの、読みたい本が少ないだの言う方達もいるようですが、投資書籍にとっては、神サービスのようです。Kindle Unlimitedに対応していない本もありますが、パンローリング社・ブリザード社発行書籍はかなり読むことができます。30日間無料キャンペーンをやっているので、投資書籍を読んで勉強したい方は、利用してみてはいかがでしょうか?

私は直ぐに申し込みました!初心者向けにおすすめの書籍はこの辺りでしょうか。

ピケティが紛れていますが気にしないでください^^;

 

↓どの本から読んでいいか分からないという方は、こちらのページを参考にどうぞ!
【株の勉強法】株初心者がKindle Unlimitedで最初に読む投資本はこれがいいかも。

 

損失2%とした場合の許容リスク

次の運用資金ごとにおける許容リスク表を見て、自分が1回のトレードでどの程度負けていいのか、把握してみてください。

運用資金 許容リスク
30万円 6,000円
50万円 10,000円
100万円 20,000円
250万円 50,000円
500万円 100,000円
750万円 150,000円
1000万円 200,000円
1500万円 300,000円
3000万円 600,000円
5000万円 1,000,000円
1億円 2,000,000円

 

許容リスク2%とした場合の一回に負けてもいい金額です。

この金額を見て多いと感じましたか?少ないと感じましたか?

私は、この資金管理ルールを知った時に、意外と負けられないんだと感じました。

例えば30万円で始めた方なら、一回に出していい損失は6,000円になります。

初期投資金額が少ない方は、意外と負けられないことに気づかされる事と思います。ボラリティ(値動き)が激しい銘柄の場合、1日の値幅が2万円、3万円なんて当たり前ですからね。

運用スタンスが短期なのか長期なのかでも違いますから一概に言えない部分はありますが、株で失敗する方の多くは、銘柄を選ぶ時に許容リスクなんて考えていません。

なぜ、このように2%以下に抑えることが重要かというと、1トレードにおける損失量を予め決めることでリスクをコントロールできるからです。何年もトレードしていると、5回以上連続で負けてしまうことなんてよくあることです。

もしも、負けが、1回…2回…3回…5回と連続で続いたとしても、合計ドローダウン率は10%以下に抑えることができますから、株で失敗する確率がグッと減ります。

50%損失と50%利益は同じではない。

例え話をします。あなたは初期投資10,000円で株をはじめたとします。ある時、株価が暴落して半分失ってしまいました。この時、資産は10,000→5,000円ですから50%の損失です。

・10,000円→(50%減)→ 5,000円

あなたは当然元に戻したいと考えます。何%戻せば元の10,000円に戻るでしょうか?

答えは100%です。

・5,000円→10,000円(100%増)〇

・5,000円→7,500円(50%増)×

元に戻すためには、50%増ではなく、2倍の100%増やさなければいけません。

小学生でも分かるような話ですが、株で失敗する方はこの事実を理解していません。ちょっと分かり難い例えだったかもしれませんが、一度、大きく資産を減らしてしまうと、元に戻すのは容易ではないということです。

株で成功する方の中には、運や感覚でうまくいってしまう方もいるとは思いますが、一般人が株で成功しようとすれば、勝つことよりも、負けをコントロールする能力が必要不可欠です。

もし、「株式投資を一言でいうと何ですか?」と問われたら、大袈裟ではなく、「負けをコントロールすること」と私は答えると思います。

株で失敗しないための許容リスクは1%以下という声も!

一回に失っていい許容リスクは1%以下にするべきだ!とするトレーダーもいるようです。

繰り返しになりますが、人によって運用スタンスが違いますから、一概に何%がいいという決まりがあるわけではないようですが、一般的に、リスクにさらしてもよい金額は、1~2%が基準とされているようです。

私がやってきた感想としては、資金が少ないと1%に収めるのは無理に等しいです。少し余裕を見て2~3%ほどがいいんじゃないかと思います。

某楽○証券の方が書かれた冊子の中で「資金管理の目安は5%」と書かれていたのを見たことがありますが、5%は流石にリスクを取り過ぎだと思いました。

私は、ライブドアショック、サブプライム・リーマンショックという暴落を経験しましたが、これらの暴落相場で資金を大きく減らし、破産寸前まで追い込まれた経験があります。本当に、失うのは一瞬ですから、こうした基準を設けていない方は、今から意識してみてください。

次のページでは、資金管理と、切っても切れない関係にある、「ロスカット(損切り)」について取り上げたいと思います。

 

>>株で失敗してしまう理由「その1:マインド」
>>株で失敗してしまう理由「その2:資金管理」
>>株で失敗してしまう理由「その3:ロスカット」

資金管理は「電子書籍」と「株サイト」を利用して上達を目指そう!

私は、株のプロの方々が推奨する銘柄をみてトレードしていますが、もし、あなたが株で失敗してしまっているとしたら、一度、株のプロフェッショナルという方々に頼ってみたらどうでしょうか?

これから上がりそうな株を厳選して教えてくれたり、気軽にメールで銘柄相談もできます。(無料サービスです)教えて頂ける銘柄が全て上がるわけではありませんが、提供直後に急騰するケースも多いのでお勧めです。トレードっぽく言えば、期待値の高い銘柄を仕入れることが出来ますよ。

投資顧問名:➡株プロフェット(基本サービスは無料です)
いま、私がお世話になっている投資顧問会社さん。というのも、昔から藤本 誠之さんのファンという事もあります。元マネパ、現在SBI証券のシニアアナリストとして多方面で活躍する方で、昨年にフィンテック関連のセレスなどを推奨していたのが印象的でした。セレスなどのお宝株を誰も注目していない頃にズバッと推奨してくるあたりはプロの中のプロだなと思いました。先を見越した銘柄推奨や、相場を半歩先読みすることに定評のある藤本 誠之さんのコラムは必見の価値ありですよ。
投資顧問名:➡マスターズトレード(基本サービスは無料です)
株式投資ビギナーにもオススメできるのがマスターズトレードです。その理由は「買い時」から「売り時」まで徹底的にサポートしてくれるからです。こういう株サイトにひとつでも登録しておけば、ビギナーが陥りやすい「持越しによる失敗」も怖くなくなりますね。実際にソレイジア・ファーマの2.7倍や、野村マイクロ・サイエンスの3倍などの上昇推移をズバズバ言い当てていますし、ビギナーはもちろん、銘柄選びに悩んでしまったときも頼りになるでしょう。
投資顧問名:➡株マイスター投資顧問(基本サービスは無料です)
とても親身になって丁寧に銘柄相談に乗ってくれる投資顧問として、是非、お勧めしたいのが株マイスターさんです。私自身、かなり前からお世話になっているところで、ファンダメンタルズ的に気になった銘柄を相談したりしています。無料で旬のオススメ銘柄も教えてくれるので、登録しておいて損はない投資顧問さんだと思います。
 

これらの株サイトの特徴は、無料で、その時々の注目株や、相場レポートを配信してくれることと、なんといっても「銘柄相談」に定評があることです。もし、含み損が大きな銘柄を抱えてしまっているなら、包み隠さず相談してみては如何でしょうか。(銘柄相談は、電話でもメールでも大丈夫です。)

どの担当者も、誠実・丁寧にアドバイスして頂けるはずです。対応も早く、当日か翌営業日にはお返事を頂けるはずです。対応が早いと安心して利用できますね。ただし、質問の内容が複雑すぎたり、一度に相談する銘柄数が多い場合には、回答まで数日かかるかもしれません。個人的なオススメとしては、一度にたくさんの相談をするのではなく、必要最低限の質問を複数回に分けてする方がレスポンスは良いと感じます。銘柄相談する場合には工夫してみてください。

いろんなサイトを試しましたが、やはり、サポート対応がしっかりしているところは、総合的にサービスのレベルは高いと感じています。このサイトで取り上げた投資顧問サイトは、もちろん、サポート面もしっかりしていますし情報やサービス水準は高いと思います。どちらのサイトもおススメです。

 ページトップへ