株で失敗する人・成功する人

【株式投資-失敗を成功に変える、たった3つのこと】株歴10年、失敗から学んだ株成功の秘訣ポイントを公開!

*

【株の勉強】株初心者がKindle Unlimitedで最初に読む投資本はこれがいいかも。

株の勉強Kindle Unlimited

2016年8月から、Amazonの電子書籍読み放題サービス 「Kindle Unlimited」がスタートしましたが皆さん活用されていますか?

株の勉強法が分からずモヤモヤしている方は、30日間無料で読める「Kindle Unlimited」が本当にオススメです。

自分の運用方法に確かな自信が持てていて、順調に資産を増やすことが出来ているなら全く問題ありませんが、自信がない方や、資産を減らしてしまっている方は、いまのやり方を見直すためにも、一度立ち止まって株の勉強をしてみてはいかがでしょうか。

株式投資の勉強に 「Kindle Unlimited」は最適!

私は、投資本を読むことは、株式投資力を底上げする大切なステップだと思っています。

全く投資本を読まずして運よく成功してしまったという例外的な方もいるかもしれませんが、私が出会った株で成功者している方々は、50冊、100冊と投資本を当たり前のように読まれています。

なぜ、株の勉強に「Kindle Unlimited」をオススメするのかというと、「パンローリング社」 「ブリザード社」 といった投資本の翻訳で有名な出版社の本が、ほとんどラインナップされているからです。この事実を知った時に大袈裟ではなく衝撃を受けました。

翻訳本って基本的にいい値段しますよね。私はこれまでに、4,000~5,000円する投資本を何冊読んだか分かりません。中には8,000円ほどする本もありました。それが、月額1,000円で読み放題なんですから衝撃ですよ!

学生時代を思い出してみてください。勉強した参考書の数だけ成績ってあがりますよね。投資の勉強方法も同じなんだと思います。

私の周りだけかもしれませんが、読書量と成功は比例しているように思います。

勉強が苦手な方も大丈夫!株の勉強は”な・が・ら”でやろう!

株の勉強というと、どうしても面倒くさいイメージを持たれてしまう方も多いと思います。

勉強に対して苦手意識を持たれている方は、株の勉強って聞いただけで気絶してしまうかもしれませんが・・・、「Kindle Unlimited」 はiPhoneやandroidスマートフォンのアプリで気軽に読めるので、通勤やバスタイムはもちろん、隙間時間に、少しずつ読むことができるのが良いですね!また、株の勉強のためだけでなく、小説やマンガなども揃っているので、このAmazonの電子書籍読み放題サービスは、本当に「神サービス」だと思った次第です!

私はスポーツジムに通っていますが、トレッドミルでウォーキングしながらスマホで本を読むことが多いです。勉強というよりは、ただ読んでいるだけなので苦になりません。読書習慣のない方も”ながら”でしたら続けることが出来るんじゃないでしょうか。

なにより、「そうそう、それが知りたかった!」など、Google検索では発見できなかったような、明確な答えがテンコ盛りなので、読書嫌いの方でも楽しいと思えるはずです!私はゲームの攻略サイトや攻略本が大好きなんですが、攻略本を読むような気持ちで楽しく勉強していますよ!

株初心者の方におすすめする勉強本「1冊目」 はこれ!

これから本を読んでいく上で気を付けないといけないのが、最初に手に取る本ってけっこう重要で、読む本によってはミスリードされ振り回されてしまうことがあります。10冊・20冊・・と多読していくと、そういったミスリードにも気づけますが、数冊読んだ程度だと、知識に偏りができてしまったりするので注意が必要です。

そんなことを考えながら初心者にオススメの投資本ってないかなーと探していたところ、株初心者の方にオススメできそうな投資本があったので紹介します。

その名も・・ズバリ(苦笑)
これからパンローリングの投資本を読む人へ / 塩見努

株の勉強

はい、タイトルからも分かる通り、これから、パンローリング社(ブリザード社)の本を読んでいく方達に向けて書かれた本です。これから、「Kindle Unlimited」 を使って多読しようと思っている方にはピッタリですね!

少し中身を紹介すると、筆者は投資家にアドバイスする立場のファイナンシャルプランナーでもあり、自身がトレーダーでもあるからか、株式投資に重要なポイントを広く抑えているなと感じました。

株式投資の全体像・初心者の取り組み方・投資のコツ・失敗し易いポイントや思考・資金管理方法・トレード方法・分散投資の方法・おすすめ本の紹介などなど

株式投資に必要なことがコンパクトに網羅されていて、まさに「初心者向けのオールインワン」といった印象です。

なんといっても日本の方が書かれた本は読みやすいですね^^;

トレード経験のない方が翻訳された本は読みにくかったりしますので、この本はとても読みやすい本だと思います。一つ一つ掘り下げられた内容は書かれていませんが、株で勝つための秘訣が散りばめられ、うまくまとめられていると感じました。

この本の次に読む本は、この本の中で紹介されている本を読んでもいいですし、バランスよく秘訣が散りばめられているので、次に読みたいと思うキーワードや、方向性が見つかるはずです。そういう意味でも、私は、この本は、「株初心者の道しるべ」になる、初の一冊に適しているんじゃないかと思いました。

株の勉強をすれば、分からないことが分からないから、分かるに変わる!

株式投資に限らず、何をしたらいいのか分からない。何からしたらいいのか分からない。そんな頭がモヤモヤする時っていうのは、全体像がみえない時です。専門的なテクニカル本や、小手先のテクニック本、それから、株主優待おすすめ●●選のような銘柄紹介本を手に取る前に、まずは、この本のタイトルに騙されて、いろいろ読み漁る前に、読まれてみてはいかがでしょうか。

ベタボメしていますが、Amazonの回し者でも、パンローリング社の回し者でもありませんからね^^;

さらなる高みを目指し、投資本の多読へ

投資の勉強も同じで、10冊・20冊・・・と読み続けていくと、株式投資の理解が深まります。「どういうところで失敗しやすいのか」「成功には何が必要なのか」「勝つために必要なスキルは?」これらの答えは、本を読んだ方が早く見つかることが多いです。

 

関連記事:

 

 

 ページトップへ